会社沿革

明治元年(1868年) 山形県鶴岡市鳥居町に板垣文治衛が、鍛造を主として鍛造屋を創設。
昭和16年(1941年) 軍需品を製造。
昭和21年(1946年) 建築・金物・農機具部品を製作。
昭和36年(1961年) 軽量鉄骨加工を開始。
昭和40年(1965年) 鶴岡市布目(現・美咲町)地区に工場用地取得。
昭和41年(1966年) 布目工場第1期建設に着手し10月より操業、重量鉄骨加工を開始。
昭和44年(1969年) 操業100年を機に4月1日に改組。資本金を500万円とする。
本社工場を布目工場に移転。
酒田営業所を布目開設。
昭和46年(1971年) 資本金1,000万円増資。
昭和48年(1973年) 酒田市東町に営業所用地取得。
昭和49年(1974年) 資本金を2,000万に増資。
酒田営業所を東町に移転。
昭和55年6月(1980年) 仙台営業所を開設。
昭和56年1月(1981年) 鋼構造物製作工場Hグレード認定。
平成元年(1989年) 板垣廣吉会長死去(84歳)。
平成2年1月(1990年) 三川土地開発公社と三川天神堂工業団地に工場用地の仮調印を締結。
平成2年5月売買契約、本社工場に着手。
平成2年12月2日、本社工場移転と同時に操業。
平成4年(1992年) 三川開発公社第2期造成、工場用地を取得。
板垣鉄工会発足(33社)。
平成7年7月(1995年) 板垣廣志会長、建設大臣表彰受賞。
12月、霞ヶ関虎ノ門のビジネスサポートセンターに東京営業所を開設。
平成9年1月(1997年) 東京都財務局指定工場認定。
平成10年4月(1998年) 創業130周年記念祝賀会。
平成11年5月(1999年) 資本金4,000万円に増資。
平成14年5月(2002年) 代表取締役社長に板垣昌之が就任、と同時に板垣廣志は代表取締役会長に就任。
平成16年10月(2004年) 東京営業所港区虎ノ門一丁目に移転。
11月、板垣廣志会長が旭日双光章受賞。
平成18年10月(2006年) 東京営業所を東京支店に昇格。
平成23年6月(2011年) 仙台営業所を青葉区本町二丁目に移転。
平成28年11月(2016年) 宅地建物取引業免許取得。